整骨院・鍼灸院|文京区の東大前駅で脱臼の治療も、筋肉のマッサージも

【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | 1 | 2 | 3 | 次へ>
TOP > 整骨院・鍼灸院 > 東大前接骨院

文京区の東大前駅で脱臼の治療も、筋肉のマッサージも


南北線東大前駅からすぐにあります東大前接骨院です。
接骨院はマッサージ院ではないので、マッサージはできません。法律上名乗れないのです。マッサージは骨格資格であるマッサージ師だけができると決まっています。なので厳密にはマッサージとは名乗れないのですが、治療の一環として筋肉をほぐす必要がある場合、患者さんが認知しやすいのでマッサージと言ってるケースが多いかと思います。
症状によってはいくらほぐしても意味のないこともありますので、やればいいというものではないのですが、安くやってほしいという方は一定数いるでしょうから、やっているところが多いんでしょうね。
当院はポインターという骨格矯正をやっていますが、こちらは自由診療です。
保険に比べて値段は高くなりますが、時間が短くて済む、効果が高いことからおすすめしております。
忙しい方にはうってつけの治療ですので、ストレートネック、頸椎症、腰の痛み、膝の痛み、腱鞘炎や手足のけがでお困りの方は是非一度お試しください。白山、本駒込駅からも徒歩で来ることができます。

脱臼の治療もきちんと行わないと繰り返す関節になることもあるので、リハビリはちゃんと受けましょう。
2、3週は動かさずに傷ついた軟部組織が修復するのをまち、ある程度腫れが引いてから少しづつ動かしていきます。体重掛る関節なのか、かからない関節なのかにもよりますが、接骨院ではほとんど肩の脱臼の方が来ます。指も多いですが・・・。
肩が外れるには手をつく、肩から落ちるなどが多いです。ラグビーの様なコンタクトスポーツでは脱臼を経験されている方がとても多いと思います。
肩関節と肩鎖関節の脱臼が多いですが、肩鎖関節は靭帯が切れてしまうともとの外観に戻ることは少なく、日常生活に支障がなければそのまま放っておくことが多いです。肩を動かすと痛みが出るうちは三角巾で固定して(2~3週)腫れや痛みが引いたら積極的に可動域訓練に移行します。大きな後遺症が残ることはあまりないのですが、女性の場合外観が気になるときは手術で鎖骨が浮いた状態を治したりするケースもあります。
東大前接骨院では患者さんのご希望にできるだけ近づけるように日々施術を行っています。怪我はもちろんその他のお悩みもご相談ください。
文京区、東大前駅からすぐです。